東京・神田の神田総合法律事務所

サービス・費用

サービス・費用

HOME > 離婚男女問題 > サービス・費用

離婚問題の解決までの流れとサポート

サポートごとの費用


「弁護士事務所に依頼するとたくさん費用がかかりそう・・・」
初めてご依頼いただく場合、そんな不安をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。
不安の原因は「料金システムが明らかではない」ことにあると考えます。
当事務所では、わかりやすくリーズナブルな料金を心がけております。
ご契約後は、期間が延びても出廷の回数が増えても料金の増額はありませんのでご安心ください。

 

※費用の表示は全て税込です。

法律相談料

初回相談は60分無料
2回目以降は,5500円/30分(税込)でお受けしております。

離婚に関する費用

  • 離婚協議サポート

    着手金(契約時) 22~33万円(税込)
    報酬金(終了時) 22~33万円+経済的利益の11%(税込)
    その他 実費(郵送代、印紙代、交通費等)は別途ご負担いただきます。

    離婚協議の代理人として、ご依頼者に代わって相手方または相手方代理人と協議いたします。

  • 離婚調停サポート

    着手金(契約時) 33~44万円(税込)
    報酬金(終了時) 33~44万円+経済的利益の11%(税込)
    その他 実費(郵送代、印紙代、交通費等)は別途ご負担いただきます。

    離婚調停の代理人として、調停に出席し、書面や資料を作成して、調停の対応を行います。

  • 離婚訴訟サポート

    着手金(契約時) 44~55万円(税込)
    報酬金(終了時) 44~55万円+経済的利益の11%(税込)
    その他 実費(郵送代、印紙代、交通費等)は別途ご負担いただきます。

    離婚訴訟の代理人として、訴訟期日に出席し、書面や資料を作成して、訴訟の対応を行います。

  • 慰謝料請求(請求する側・請求される側)

    着手金(契約時) 22~33万円(税込)
    報酬金(終了時) 22~33万円+経済的利益の11%(税込)
    その他 実費(郵送代、印紙代、交通費等)は別途ご負担いただきます。

    不貞等の慰謝料請求の代理人活動を行います。

  • 離婚後の財産分与・養育費請求等

    着手金(契約時) 22~33万円(税込)
    報酬金(終了時) 22~33万円+経済的利益の11%(税込)
    その他 実費(郵送代、印紙代、交通費等)は別途ご負担いただきます。

    離婚後の財産分与や養育費の請求の代理人活動を行います。

  • 面会交流調停

    着手金(契約時) 22万円(税込)
    報酬金(終了時) 22万円(税込)
    その他 実費(郵送代、印紙代、交通費等)は別途ご負担いただきます。

    面会交流の調停の代理人活動を行います。

その他

上記に記載のない事項については、事件の内容および難易度などにしたがって、お話し合いの上、決めさせていただきます。
ご不明な点がございましたら、お問い合わせください。

 

| HOME | 離婚男女問題 | サービス・費用 | 当事務所の特徴 | 弁護士に依頼するメリット | 信頼できる弁護士を選ぶ | アクセス |

まずはお気軽にお問合せください

pagetop